常識が邪魔しているもの

投稿日: 2017年8月30日  | カテゴリ: マインドセット

社会で生きていく為には、一般的に言われている、“常識”というものが必要です。

人の事を考えずに、我先に何かをしようとすると“あの人は常識がない”と言われてしまいます。

この常識は、社会で生きていくには、必要不可欠なものなのですが、この常識が身につくと同時に、型にはまった考えも身についてしまいます。

 

常識が身につくと同時に現れるもの

型にはまった考えが身につくと、やれる事に制限がかかります。ここでいう、常識で考えると「自分にはこれは無理なのでは?」という風に思ってしまいます。

これを、メンタルブロックと言います。メンタルブロックは、小学校高学年位から形成されていくという事です。

 

子供は自由

メンタルブロックがまだ出来ていない子供達は、自由な発想で自由に動き回ります。

だから、常識のある大人達は、子供達に制限をかけてしまいます。

僕は「人に迷惑をかけるような事がないよう、人の事を思いやり、自由な発想が出来る。」ように子供を成長させたい。

という思いがありますが、自由な発想を育てるには、自分の、我慢も必要かなと思います。

 

先日こんな事か

先日、子供と、こじんまりした中華料理屋に入りました。すると、子供は「この店ちっちゃいな。」と言ったのです。

店主の人は笑っていましたが、お店を経営していく大変さを知っている自分としては、個人事業をされている方に敬意を表しているので、「なんちゅう事言うねん!」と思いましたが、子供に罪はないと思い、店主の方に「すいません。」と言い、店主の方はまた、笑っていました。

「自由な発想を育てたいなら、親が責任を持たなければ。」そう、思いました。

 

大人は自由な発想が出来ない?

では、大人になってしまったあなたは、このメンタルブロックを外すのが無理だと思いますか?

決してそんな事はありません。

自分がどうなりたいのか?人の為に何をしたいのか?など、目標を決め、そうしたいと思った目的が明確であれば、今、何をすべきかが決まります。

そうなれば、あとは自分には出来ると信じ、実行するのみです。

メンタルブロックを外せるかどうかは、自分のマインド次第です。

 

あなたは、メンタルブロックを外していますか?

 

P.S.
そういえば、中華料理屋といえば、京都に本社のあるチェーン店とそれと同じ名前の大阪○○しか、連れていったことなかったな。


リスティング広告を使ったスマホ集客プロジェクトキャンペーン!

 【ンディングページ制作】

 通常30万円⇒無料で提供

 ただし、毎月3社限定

キャンペーンはいつ終了するかわかりません。 

 詳しい内容につきましては、お問い合わせください。

 お問い合わせはこちら

アーカイブ

2017

エイチ・トゥー・ユーはお客様の笑顔を増やすお手伝いをする、集客サポーターです。

代表 池田 泉